特許・実用新案

特許権の「爆弾(リスク)」

1.他社の模倣を防止できない 特許権利化を軽視すると自社の創作内容を他社が模倣することを防止できないリスクが挙げられます。最悪の場合、他社が先に特許権を取得してしまうと、競合他社から特許権を侵害していると指摘されるケース…[続きを読む]

特許権の「お宝」

1.特許で利益を得る仕組み 「家庭の主婦が生活用品を発明し〇億円の収入!」という話を聞いたことがあるかと思います。家庭の主婦が発明を特許権利化して、〇億円もの収入を得ることができるのでしょうか? そもそも特許権というのは…[続きを読む]

あいつが発明者?

特許出願書類には発明者の記載欄があります。 さて、発明者とは誰のことでしょう? 特許出願書類に勝手に発明者を記載することもできます。 誰の名前が記載されていても、特許庁は関知しません。 共同発明で発明者が何人いようと特許…[続きを読む]

ビジネスモデル特許とは?

ビジネスモデル特許は、ビジネス方法を対象として付与される特許のことを指します。 一般的には、ビジネス方法の中でも、特にコンピュータ・ソフトウェアを使ったソフトウェア関連発明であって、ソフトウェアによる情報処理がハードウェ…[続きを読む]

医療行為は特許か?

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に加盟参加すると米国のように医療行為が特許権利化されてしまうの? 各国の法律によると 米国:医療行為は特許保護の対象とする(HR3610法案) 欧州:医療行為は特許の対象としない(EP…[続きを読む]

PAT.P ってなあに?

商品パッケージに「PAT.P」表記を見かたことがありませんか? 「パテント・ペンディング」 であり「特許出願中」のことです。 「特許出願している!すごい技術の商品なんだろう。」と思いますか? でも、出願が審査で拒絶になっ…[続きを読む]

Apple は Kodak の特許権を侵害したのか?

Apple は Kodak の特許権を侵害したのか? 『2012.5.22 ニュース解説』 【Apple を相手取った Kodak の訴訟「特許侵害無し」と米国国際貿易委員会が仮決定】   技術的内容は別にして…[続きを読む]

▲このページの先頭へ