権利取得までの概要

権利取得までの概要出願から特許等取得方法のご説明
特許等を取得するために出願手続が必要ですが、その出願手続前の手順からご説明いたします。

1:お電話・メール等でのご相談
オフィスデスク特許等取得方法について悩まれている方は、お電話か、このホームページのお問い合わせのページからご相談下さい。一通り対応可能な範囲でご相談の内容を伺い、特許等取得方法に関する色々なご質問にお答えさせていただきます。

2:ご面談・ご来所
当事務所では、原則として事務所にご来所いただき、ご面談にてご相談の内容をお伺いし、詳細なお打ち合わせや、細かいご質問等にお答えさせていただいております。クライアント様と当事務所の信頼関係が一番大切と考えておりますので、何卒ご理解下さるよう、お願い申し上げます。

3:御見積り(ご来所、郵送、メール等)
ご相談の内容により、御見積りをさせていただきます。手続が終わってからでないと正確に計算できない場合は、概算で御見積りをさせていただきます。

4:調査又は出願業務の受任

5:着手時期
出願のご依頼以前に、他のクライアント様からご依頼いただいた出願書類の作成手続が終わり次第、できるだけ速やかに特許出願のための書類作成作業に着手させていただきます。

6:ご確認
特許出願のための手続書類の作成作業が終わり次第、ご了解をいただいてから、特許庁に提出させていただきます。ただし、ご了解が必要ないような手続については、速やかに特許庁に提出させていただく場合もございます。

7:手続期間
ご質問をさせていただいてそのご返事が長引く場合、他のクライアント様からのご注文が多数同時期にかち合ってしまった場合等、予測できない要因が発生する場合もございます。特許出願の場合は、2週間から1カ月位を目標とさせて頂きます。


特許権取得までの流れ

1. 特許出願手続

2. 審査請求手続

3. 審 査

4. 拒絶理由通知(無い場合もあり)

5. 意見書、補正書の提出

6. 特許査定又は拒絶査定

7. 特許査定の場合は、特許料を支払うことにより登録されて特許権が付与される。

8. 拒絶査定の場合は、審判請求をすることにより、争うことができる。


実用新案権取得までの流れ

1. 実用新案出願手続

2. 無審査制なので、短期間で登録されて実用新案権が付与される。


意匠権取得までの流れ

1. 意匠登録出願手続

2. 審 査

3. 拒絶理由通知(無い場合もあり)

4. 意見書、補正書の提出

5. 登録査定又は拒絶査定

6. 登録査定の場合は、登録料を支払うことにより登録されて意匠権が付与される

7. 拒絶査定の場合は、審判請求をすることにより、争うことができる。


商標権取得までの流れ

1. 商標登録出願手続

2. 審 査

3. 拒絶理由通知(無い場合もあり)

4. 意見書、補正書の提出

5. 登録査定又は拒絶査定

6. 登録査定の場合は、登録料を支払うことにより登録されて商標権が付与される。

7. 拒絶査定の場合は、審判請求をすることにより、争うことができる。


以上が特許等取得方法になります。特許等取得方法でご不明な点やご質問がありましたら、メールにて無料相談を実施しております。
また直接お電話でも特許等取得方法を始め知的財産権に関する質問にもお答えしていますので、お気軽にお問い合わせください。

▲このページの先頭へ