2014年12月15日
医療行為は特許か?

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に加盟参加すると米国のように医療行為が特許権利化されてしまうの?

各国の法律によると
米国:医療行為は特許保護の対象とする(HR3610法案)
欧州:医療行為は特許の対象としない(EPC52条)
日本:慣習として(条文記載なし)医療行為は特許対象としていません

では、医療行為(手術方法)が特許になったら、どんな弊害が出るでしょう?

医者は、この手術が特許権の侵害になるのか?ならないのか?とビクビクしながら医療行為をするでしょうね。

患者のために処置したのに、後に特許権の侵害だ!と訴えられることもあり得ますね。

実際に米国では、医者が医者に「俺の特許権の侵害だ!」と訴えた事件もありました。

日本がTPPに加盟したら、当然米国のように医療行為も特許権利化される可能性もあります。

医療行為は特許権利化できても、例外として医者は特許権の行使を受けないとでもしないと、円滑な医療行為ができなくなってしまいます。

でも、そうなると特許権を取得する意味も無くなってしまうし。
難しい問題ですが、患者のためを思い取り決めをしてほしいですよね。

▲このページの先頭へ