6.著作権関連サポート

著作権とは?
著作権とは、文化的な創作物を保護対象にしたもののことを言います。
文化的な創作物とは、文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに渡り、人間の思想、感情を創作的に表現したものをいいます。
尚、著作権は、権利を取得するために登録などの手続を必要としません。


相談・コンサルティング
知的財産を守るための適切な方法や、知的財産をめぐるトラブルの防止や解決などについて、クリエイターの立場に立ったアドバイス・ご提案をさせていただきます。

●ホームページ制作者の方へ
ホームページは、文章・イラスト・写真といったコンテンツ、ページデザイン、そしてプログラムといった著作物の集合体です。
ホームページ全体だけでなく、それら一つひとつに著作権が発生しています。
何らかの形で第三者の著作物を利用することも多いと思いますので、個別に権利処理が必要となります。
制作者側にとって、きちんとした権利処理は自己防衛のためでもあり、クライアントから渡された素材に著作権侵害が潜んでいる可能性がある場合にも注意が必要です。

●クリエイターの方へ
作家・デザイナー・イラストレーターなどのクリエイターの方には、クライアントとの契約の際に確認・申し入れすべき事項、著作権登録などについてのご相談をうけたまわります。
クライアントが著作権も得るという「買い取り方式」が多いですが、著作権はクリエイター側に残し、契約上の利用目的の範囲でクライアントが独占的に利用できるといった「使用許諾方式」も考えられます。
デザインに関しては、関連意匠・部分意匠・秘密意匠・組物意匠などの制度を活用したデザイン防衛戦略についてもアドバイスさせていただきます。

●アーティストの方へ
音楽創作・演奏における著作権の問題や、音楽活動に関係するさまざまな契約などについてのご相談をうけたまわっています。
フリーで活動するアーティストの方で、自分の作品(録音や録画)の権利処理についてのご相談もお乗りいたします。
アーティストが「実演」するのですから、一般の人材派遣とは異なり「著作隣接権」に関する問題も発生します。
(「著作隣接権」とは、俳優や演奏家のように自分で著作物を創作はせず、演技や演奏といった実演をする「実演家」などが有する権利です。)

▲このページの先頭へ