3.実用新案関連サポート

実用新案権とは?
実用新案権は、小発明を保護するための権利です。
特許権と違い、発明の程度に「高度さ」が要求されません。
ちょっとしたアイディアを独占排他的に実施したい場合には、実用新案権を取得することも選択肢の一つとなり得ます。


実用新案出願サポート
基本的に特許出願サポートと同等の内容になります。

実用新案権取得のメリット
特許権取得のメリットと共通しますが、以下のような実用新案特有のメリットもあります。

早期権利化が可能
実体審査を行わない無審査登録主義を採用しているため、出願から短期間で権利を取得できます。

費用負担が少ない
特許に比較し費用負担が少なく権利を取得できます。

メリットとデメリットは、ご相談時に個別具体的にご説明いたします。

▲このページの先頭へ