2015年12月3日
あいつが発明者?

特許出願書類には発明者の記載欄があります。

さて、発明者とは誰のことでしょう?

特許出願書類に勝手に発明者を記載することもできます。

誰の名前が記載されていても、特許庁は関知しません。

共同発明で発明者が何人いようと特許庁は関知しません。

特許出願が公開されたら・・・

発明者じゃなくても、永久に発明者として名前が公報に載るんです!

ところで、発明者とはアイデア出して発明を完成させた人です(学説)。

命令しただけの人、金出しただけの人、データーまとめただけの人、
無能な上司、ひやかしの知人、アイデアだけ出して協力的でない人・・・

は発明者に成りえません。

発明は、発明者のもの? 会社のもの? で裁判係争中の方と相談中。

本当の発明者が語りました・・・

「共同発明になってるけど、○○さんなんて会ったこと無いんですよ。」
「○○さんは、発明者の一人になってるから、何にもせずに表彰までされて・・・」
「彼の名前を発明者から削除して欲しいくらいですよ!」

あらびっくり!

会ったことない人なのに発明者(共同発明者)に記載するなんて。

※出願が特許庁に係属中は発明者の記載を変更(追加、変更、削除)できます。

特許発明が共同発明の場合の記載されている2番目以降の名前は・・・

上司だったり、息子だったり、奥さんだったり、本社のお偉いさん・・・
そんなケースもあるようです。

▲このページの先頭へ